コンセプト

もうひとりの あなたが香る。

背徳と美徳。その香りが、
まさに、いま、混ざり合ってひとつになった。

バイス&バーチュ

見た目の純潔さに惑わされないで・・・。
まなざしの奥に隠れたたくらみに気づいて。

どちらの顔も、あなたそのもの。

それは、太古の昔から花々たちがくりかえしてきたこと。
蝶を誘うために、蜂を引き寄せるために、醸成された香り。

その薫香をあなたの体温に重ねたとき。
あらゆるものを超越し、宇宙にさえ届くかもしれない。

デザインコンセプト

高級感漂う丸みのあるボトルから、あなたを包み込むように、優しい花の香りが溢れだす。クリスタルカットが施された容器は、コスメデコルテらしさを感じさせ、さらに正面からは、ダイヤモンドのように輝くクリスタルが覗く。この可憐な一粒の“ダイヤモンド”こそが、デザインコンセプトの中心。また、ボトルネックの装飾は、16世紀のオランダにおいて富の象徴でもあった伝統的な「襟」を彷彿とさせる。みずみずしく繊細な、ローズとスズランの薫香のために、マルセル・ワンダースによって生み出されたオリジナルデザイン。

アートディレクター
マルセル・ワンダース

プロフィールを見る >

香調について

“トランスペアレント フルーティフローラル”

繊細で爽やか。そこに見え隠れする、
セクシュアルな香り。
ひとりの女性の中に内在する“純粋な清らかさ”と
“魅惑的な官能”からなる美しさを、
透明感が際立つやさしいブーケの香りへ。
ターキッシュローズとスズランが
互いに溶け合うように、優雅に無垢に香り立つ。

トップに立ち上るのは、マンダリンのはじけるようなノート。シクラメンとスズランのデリケートなフローラル感をより際立たせている。イメージは清らかなブーケの透明感。

ミドルノートは、ターキッシュローズが優雅に花開き、ジューシーなラズベリーと絡み合って。さらに、爽やかなジャスミンと、柔らかく深みのあるイリスから生まれたフローラルの香りとが、デュエットのように共に花開いてゆく。

ラストノートは、魅惑的なアンバー&力強いパチョリのウッディノートが、官能的なムスクと、クリーミーなホワイトシダーによって和らげられて。それはまるでセカンドスキンのようになじみ、女性らしさの頂点へと目覚めさせてくれる。