コンセプト

ハリ上向き、立体感。
美の基盤を立て直す。
リフトディメンション、誕生。

最近、鏡のなかの顔のシルエットが
変わった気がする。
以前は、もう少しシャープなイメージだったのに。

コスメデコルテは年齢を重ねた肌特有の、
角層深部の立体フォルムに着目。
弾力を支える力が低下し、
顔立ちの変化を引き起こすと考えました。
研究を重ねた末、ついに完成させた
エイジングケア※1ライン、
それが『リフトディメンション』。
なかでもセラムには、期待の有用成分
「グルコシルナリンギン」を、世界で初めて※2配合。

ゆるんだ肌を3次元から弾ませ、
あご先から頬、そして目元へ、
くっきりとした印象をかなえます。

※1 年齢に応じたお手入れ
※2 発売されている化粧品において
(Mintel社データベース内 2020年6月 当社調べ)

肌内部の3D可視化に成功。
加齢による、
真皮の立体構造の崩れを発見。

若齢皮膚(30代)
老齢皮膚(70代)

真皮部分の緑:エラスチン線維オレンジ:細胞核

若い皮膚は、エラスチン線維が立体構造を形成し、
ハリ・弾力をしっかりと支えていますが、
老化した皮膚は、真皮の立体構造が崩れて平面化し、
ハリ・弾力が失われています。

若々しい肌の鍵は、
立体構造の美形状化にあります。

エラスチン線維は、皮膚の弾力において重要な役割を担い、
加齢や紫外線により変性すると、
シワやたるみが生じると考えられています。

ハリ・弾力を生み出し、
美しく保つ多彩な成分

あふれだす弾力を肌へ

<エイジツエキス>
ポリフェノールを含む、
ノイバラの果実から抽出。

<オタネニンジン根エキス>
日本では朝鮮人参と呼ばれ、
東洋の伝統の中で高貴な植物として
最も珍重される成分。

いきいきと輝くハリを実現

<コラーゲントリペプチド>
肌に、わきあがるようなハリを与え続けるコラーゲンの構成要素。
みずみずしい潤いを保持します。

みなぎるハリを守り抜く

<シャルルドミルローズエキス>
古代から美容目的にも用いられ、伝承ハーブとして受け継がれ愛される
ガリカバラの品種のひとつ。花の形が優雅で、豊かな香りを放ちます。
阿蘇山近くの肥沃な土壌で丁寧に育てられた、コスメデコルテオリジナル成分。

エイジツエキス(ノイバラ果実エキス)・コラーゲントリペプチド(加水分解コラーゲン)・シャルルドミルローズエキス(ガリカバラ花エキス)